陽氣を発生させる武息の3つの種類

武息について

武息とは、小周天の前段階で行われる、陽気を発生させる特別な呼吸法です。

 

氣功をはじめた方が、この武息が出来なくて、その先に進めないと言った場合があります。

普段何気なくしている呼吸を使うからこそ、難しい点もあり、武息や種類について解説させていただきます。

 

武息は、陽気を発生させます。

 

 

武息には、意識の集中、イメージ、姿勢、手の使い方、呼吸法、肛門の使い方などの要素があります。

その中からいくつか紹介させていただきます。

 

武息のポイント

武息は、陽気を強めることがはじめです。

温かい感じ、熱を強めていきます。

 

※通常、人の体は冷えると生命活動の低下と言うことで、熱くなると言うことは生命活動が活性していると言うことです。

 

より温かくなることにより、氣がどうなっているかや、経絡などを開く効果が高まります。

 

はじめに、どの部位で陽気を発生させるかは、流派や個人によって違いがあります。

多くみかける、気海の位置での陽気の発生および、武息についてのポイントです。

 

意識を気海など特定の場所に集めることで、陽気が強まります。

この時に、肩や上半身に緊張があると、意識が上に引っ張られて、気海への集まりが減ってしまい、陽気が強まりません。

 

また、腹式呼吸を行う場合も、上腹部での呼吸を行うと、意識が分散してしまうので、気海がある下腹部での呼吸を行う必要があります。

 

 

下腹部での呼吸とは、体幹を胸部、上腹部、下腹部に分けて、胸部は動かず、下腹部が主に動いて、下腹部の動きで、上腹部が動くということです。

 

また、手を当てる、目で見るなども意識を集めることに効果的です。 

 

武息で用いられるイメージは、溶岩や炎など熱に関するものです。

 

イメージについては、イメージ力に差があります。

より、リアルなイメージにしていきます。

また、イメージをする場所や大きさも重要です。

 

場所とは、この場合は気海の位置や、気海からお腹の中に入った場所になります。

たまに体の外や頭の中でイメージしている人がいますので、これは効果が少なく、位置は下腹になります。

 

大きさとは、適切な大きさです。

ゴルフボール、テニスボール、ドッジボールのような大きさが良く使われます。

明確な位置や大きさが大事です。

 

手の形、姿勢、肛門などの体の動きや形も重要です。

その中でも、呼吸法が重要です。

 

武息の呼吸

武息では、以下の点に気をつけて進めていきます。

 

・呼吸の位置

意識でも述べましたが、必ず下腹部で呼吸を行います。

そのために、横隔膜をうまく使って、呼吸を下すことを行い、下腹部が大きく動くように呼吸をすることが重要です。

 

横隔膜とは、胸郭の下部にあるドーム状の筋肉です。

腹式呼吸では、息を吸う時、横隔膜が弛緩し下がり、 息を吐く時は、横隔膜が収縮して上がります。

 

より下げることで、下腹部での呼吸が可能になります。

 

・キープする

下げることができて、下腹部での呼吸ができるようになったら、息を吸う時も吐く時も、下腹部での呼吸をキープします。

キープできないと、陽気が散ってしまいます。

うまくキープできると意識が下腹部にあるまま呼吸でできます。

 

・負荷をかける

キープができるようになってから負荷をかけていきます。

 

負荷をかけるとは、ウエイトトレーニングの時に、より重い物をもつ感覚です。

軽い物よりも、より重い物を持った方が、負荷が強くなり、より沢山の熱が生み出されます。

 

これを呼吸で行うのです。

武息は、音を出す呼吸ですが、音は負荷をかけた結果出るものです。

 

この時に、下腹部での呼吸にのみ負荷をかけると良いです。

負荷をかけようとして肩に力が入ると、分散してしまいます。

 

の順番がおすすめです。

 

負荷の3つについて

負荷にかけ方は、大きくわけて3つあります。 

 

息をゆっくりと長く吸う、吐く時もゆっくりと長く吐く呼吸です。

 

吸う時に何回かに分けて、吸っていきます。

吐く時も何回かに分けて、吐いていきます。

 

短く吸って短く吐きます。

ヨガの火の呼吸などで用いられることが多いです。

 

これらに三つの負荷のかけ方は、より個人によってはやりやすさが違います。

 

より強い陽気を発生させると言う観点から、選んで使っていただければと思います。

 

武息は陽気の発生に効果的ですが、難易度もあるものです。

しっかりと理解をして、身に付けていけば、出来るものです。

 

少しでも参考になり、身に付けていただければ嬉しいです。